安全で暮らしやすい住まい | フリーダムアーキテクツデザインで理想が詰まった家造り

安全で暮らしやすい住まい

設計では安全面で工夫を

一戸建てを和光で建てる際は、安全も考えた設計を考えることが大切です。特に子供や高齢者が家族にいる場合は、危険をできるだけ少なくする必要があります。例えば一番危険な部分の一つが、階段です。昇降する際につかまる手すりがあれば、より安心して移動することができます。この時気をつけたいのは、大人と子供の高さの違いです。大人用と子供用の両方の手すりを設置することで、背丈に関係なくカバーすることができるでしょう。また、滑りにくくするために、踏み面に溝を掘る工夫も考えられます。全面に掘れば、先端だけの場合に比べて、より安全性を高くできます。さらに、段差の見分けがしやすいよう、照明は十分確保するようにしましょう。フットライトなど足元を照らす工夫をすれば、踏み外すなどの事故を防ぐことにつながります。

ユニバーサルデザインとは

このように、安全性を重視した一戸建てが注目される中、和光ではユニバーサルデザインの家を建築する人も少なくありません。ユニバーサルデザインの一戸建ての特徴は、バリアフリー住宅の、生活の障害を取り除くという考え方を一歩進め、年齢、性別など関係なくあらゆる人が使いやすいようつくられていることです。安全と使いやすさが両立されており、どんな家族構成でも不都合なく暮らしていけるような間取り、設備の一戸建てとなっています。また、価格も本来の価値とのバランスがとれ、安かろう悪かろうにならず、かつ多くの人に手が届く適正価格に設定されていることが特徴です。さらに機能性を重視するあまり軽視されがちなデザインも、魅力的で誰もが住みたいと思えるよう美しさを追求しています。ユニバーサルデザインの家を和光で扱っている業者は、複数あります。まずは、資料請求や和光の住宅展示場で情報収集をすることから始めてみましょう。

FOOT MENU

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) 2015 フリーダムアーキテクツデザインで理想が詰まった家造り Rights Reserved.